mushinohonのブログ

注意欠陥を克服しようとしています。読んだ本や日々頭に巡ったことを残していきます。

料理と読み飛ばしと計算

ペペロンチーノを失敗せず作りたいと思い、
を参考にしました。

このページは懇切丁寧にペペロンチーノをうまく作るためのコツが書かれており、大変素晴らしい記事だと思います。

特に、ニンニクの焦がし具合や、鷹の爪での辛さ調整はこれまで何度も失敗してきたので、非常に役立ったのです。

しかし、なんとまぁ、わたしは、それ以外の間違えようもない部分で失敗をしてしまいました。

ここでは、茹で湯に塩をたっぷり!大さじ2~3いれるよう書かれており、解説にも「味の土台になるから塩は多めで!」ということがかかれていたのでその部分だけが私の脳内にインプットされてしまったらしく。。
後でよく読むと、
3リットルのお湯なら、大さじ2〜3くらい。

と書かれていたのですが、

わたしはその大切な

3リットルのお湯なら、

が重要な意味をもつことを意識せず、

一リットルの茹で湯に大さじ2の塩を入れてしまいました。


ニンニクの焦がし方、鷹の爪での辛さの出し方、最後の乳化も上手く行ったのに、2倍の塩加減により、残念な仕上がりになり、


とても、くやしいです。


どこで計算が必要か判断する力がなくぼーっと過ごしていると、日常生活で苦労するなと自覚した出来事でした。


ほんとにぼけぼけしてるとこういうことが多いんです。